諫早市倉庫雨漏対策工事

画像をクリックすると拡大します。↓


P6120005.jpg

P6150003.jpg
 
諫早市多良見町M様雨漏修理
 

折板屋根の棟から、長年雨水の侵入していました、そこで大工さんにより

下地を作っていただき、そのうえに防水材:ガルバ鋼板t=0.5㎜の棟板金を加工:取付て

安心していただきました

 

フルベスト24雨漏り工事

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG7295.jpg

CIMG7315.jpg
 
フルベスト24雨漏り改修工事

まずは、漏っている箇所の上の胸板金を剥いだところ

大分棟板が腐食していました

 

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG7328.jpg

CIMG7332.jpg
 
フルベスト24一部撤去

撤去後野地板の腐食が少し・釘穴が少し大きくなっていたた為

粘着付タジマセルフ防水材を貼りフルベストを施工

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG7337.jpg

CIMG7339B.jpg
 
復旧工事

棟板を新しく交換して、既存の板金を再取付いたしました

今後、安心の為現状の屋根のうえから、カバールーフをとの事でした

雨漏りは見事のシャットアウト職人さんお疲れ様でした

 

 

グループホーム和瓦陶器雨漏り補修工事

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG7185.jpg

CIMG7200.jpg
 
グループホーム雨漏り工事

どこから雨が漏っているかわからない状態でした

順番に撤去していき、やっと見つけました

 

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG7205.jpg

CIMG7229.jpg
 
グループホーム雨漏り対処工事

原因の箇所にゴムアス(粘着付)を貼り・鉛板とコーキング処理後

なんばん(しっくい)にて復旧したところ

おさまったようです

 

長崎市N様邸ベランダ・外装雨漏改修工事

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG6011.jpg

CIMG5587.jpg
 
 
既存外装材撤去
☆下地透湿シート・防水テープ・下地胴縁交換

 

 画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG5558.jpg

CIMG5586.jpg
 
 
ベランダサッシ下場アングル撤去
☆両面ブチルテープ貼り・フラット水切り・ゴムアスコーキング・変成シリコンにてストップ

 

諫早市M様邸雨漏改修工事

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG5119.jpg

CIMG5121.jpg
 
既存瓦(コロニアル)を撤去せずに野地板を既存コロニアルの上からラミネートビス・木ビス
を併用して施工
ポイント 既存コロニアルの撤去費用がかからず、梅雨時の工事も順調に進みます

 

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG5122.jpg

CIMG5124.jpg
 
洋瓦は、丸栄窯業 プラウドUU-40 ハイパーの防災瓦・棟部は人口木(ピュアテック製)ビス止

工事もスムーズに進み又コストも削減・ガルバ二ウム鋼板のネオタイマ・プラウドUU-40

のコラボは、なかなかのものですねとお客様の声でした 一見落着

 

大村市Y邸雨漏工事

       

 

 
CIMG5177.jpg

CIMG5184.jpg
 
長年雨漏りの原因がわからなく困っておられ、雨の中怪しいところがあり。屋根材も大分いたんでいたため、撤去したところ谷板金部分、又壁の部分から進入していました

画像をクリックすると拡大します。↓

 
CIMG5191.jpg

CIMG5256.jpg
 
 

既存の野地板は薄いですが、きれいでしたのでその上から新たに12ミリの杉板を重ね貼りをして強度・又少しの防音に役に・・それにタジマのプラチナゴムアス(1ランク上の)防水材を貼り又谷板金はWのハゼ(水返し)とSSシールというシリコンのなかでは耐久性のすぐれているものですその上から、日鉄住金のガルバニウム鋼板@0.35ミリネオタイマ(塗膜15年とおちつきのある)瓦棒に、和セメントの谷板金には専用スポンジ面戸にて防水・・・以上です

 

 

 

雨漏りの兆候と原因

雨漏りの原因

防水層の破損

防水層の設置が正しく出来ておらず、破損して箇所から雨漏りが発生する場合があります。 防水層が正しく設置されている場合、雨水外壁の内部に侵入しても、そのまま外に排出されます。又ゴム製シートの場合等は、動物に傷つけられ、雨漏りの原因になる場合もあります。

雨樋の詰まり

雨樋にゴミ等が溜まり、雨水の流れをせき止めてしまう事により漏水を招く場合があります。本来なら雨漏りする場所でないだけに、見落しがちになります。

素材同士の隙間、外壁のひび等

素材同士のつなぎ目や外壁のひび割れからも、漏水する場合があります。木造や鉄骨の住宅などは、侵入した雨水が柱や梁などを伝わって屋内に漏水します。コンクリート造りの場合は隙間を伝って漏水する為、予想もつかない程広範囲で漏水している場合があります。

雨漏りの兆候

カビが生えている

室内のカビは、湿気や雨漏りによるものがほとんどです。 雨の日にカビが生えている箇所に触れると、湿度が感じられるはずです。

雨の後、室内が濡れている

雨漏り箇所が天井でなくても、クロスの継ぎ目や窓まわりや思いもよらぬ箇所、部屋の隅などを見てみると、必ず雨水の通った跡があるはずです。

 

サッシまわりが濡れている

サッシまわりが濡れている場合は雨漏りや結露が考えられますが、冬の寒い時期でない限り、雨水によるものがほとんどです。台風や暴風雨時などにチェックしてみてください。

クロスにシミがある

思いもよらない箇所にシミがある場合、雨水による漏水によるものが考えられます。 雨降りの後にチェックしてみてください。

クロスがはがれる

雨漏りによるものの他に、施工に不備がある場合や外壁の劣化が考えられます。 クロスが濡れていれば漏水によるものなので、よく確認しましょう。

雨漏り対策 施工例

画像をクリックすると拡大します。↓



諫早市S邸谷銅板・床ルーフ雨漏り改修工事
☆谷銅板にロアーニ下地材を・・その上にカラーステン@0.35mmの谷板金を・そして瓦用谷面戸を取付け終了

 



諫早市H邸雨漏りの為改修工事
瓦→丸栄窯業(プラウドUU40)品質20年・玄関庇破風板金ガルバ鋼板ネオタイマ往来の1.5倍・樋→セキスイRV105・アートフェイスT120・外装→ニチハモエン@14ミリ

 



諫早市H邸玄関工事
☆玄関屋根のセメント和瓦をガルバ鋼板ネオ・タイマ横葺きに・破風もネオ・タイマに取替

 

長崎市N邸

1.下地材の老朽   2.セメント瓦等撤去   3.野地板撤去
 
4.断熱材施工   5.防水シート張   6.破風板交換
 
7.粘土瓦施工   8.谷銅板・スポンジ面戸施工   9.完工
 
10.軒瓦ステンビス止施工  
 

 

静行寺板金屋根雨漏り工事

   
 
   
3.下地材張り(ゴム質系)   4.ガルバ鋼板@0.35mm横葺き板金工事
樋行寺鉄板半丸105施工
 
 


↑このページのTOPへ